お電話でのご予約・お問合せ 0796-92-1101

湯村温泉 夢千代像

湯村温泉 夢千代像

湯村温泉 夢千代像

当館より徒歩約5分

湯村温泉

女優 吉永小百合さん主演、昭和時代に放映されたNHKドラマ「夢千代日記」の舞台(ロケ地)である湯村温泉は「夢千代の里」として多くのファンが訪れます。

湯村温泉中心部である荒湯付近に架かる小さな森下橋を歩いて春来川を渡ると、夢千代役を務めた吉永小百合さんをモデルにした湯村温泉のシンボル「夢千代像」があります。恒久平和を願い、銅像の台座は被爆した広島市より寄贈されています。夢千代像のすぐ横には出演者の手形プレートが並びます。

4~6月頃には様々な模様にくりぬかれた竹アートが夜ライトアップされる「夢ナリエ」(※場合により中止の可能性あり、写真2枚目)、6月ごろの初夏には紫陽花(アジサイ、写真1枚目)を背景に記念撮影もおすすめです。

湯村温泉ではそのほかにも、物語の世界を再現した「夢千代館」、湯村温泉観光協会に飾られる出演者のサイン色紙などで「夢千代日記」の面影を追うことができます。

・夢千代像
 〒669-6821 
 兵庫県美方郡温泉町湯

※ご自身で事前に最新の情報をご確認ください。

■夢千代日記とは <あらすじ>
 山陰の冬景色を背景に、白血病で余命わずかの主人公/夢千代(永井左千子 演:吉永小百合)が毎日書き綴(つづ)る病床日記を軸として展開するドラマ。夢千代は母親の胎内にいたときに広島で被爆。亡き母の後を継ぎ、山陰の小さな温泉町「湯の里(ゆのさと)温泉」で芸者置屋「はる家」を営む夢千代とその取り巻く人々の生き様が物悲しく描かれています。ドラマ版は夢千代日記(1981)、続 夢千代日記(1982)、 新 夢千代日記(1984)のちに、映画化(1985)や舞台化もされました。
 原作/脚本:早坂暁  
 出演   :吉永小百合、樹木希林、秋吉久美子 ほか

■夢千代日記 主な関連スポット
 ・夢千代館(湯村温泉)…当館より徒歩圏
 ・余部(あまるべ)鉄橋…当館より車約30分

■兵庫県/山陰湯村温泉湧泉の宿ゆあむ
 ・公式ホームページTOPに戻る
 

GOOGLEMAP

  • 湯村温泉で友人と楽しむ 女性に嬉しいこだわり

  • ゆあむ名物「せいろ蒸し」 こだわりの朝ごはん

  • お子様と一緒に家族旅行

  • ご家族・ご親戚でのお祝いの席に「グループ旅行」 ケーキ手配も可能です。

閉じる

兵庫の隠れ宿 湯村温泉

湧泉の宿 ゆあむ