お電話でのご予約・お問合せ 0796-92-1101

ハチ北高原 ザゼンソウ群生地

ハチ北高原 ザゼンソウ群生地

当館より車約40分

但馬

自然・花

兵庫県北部に位置するハチ北高原は、琵琶湖ほとりの滋賀県高島市の今津のザゼンソウ群生地と並ぶ関西のザゼンソウ(座禅草)の群生地(名所)の1つです。スキーシーズンが終わりを迎える早春のハチ北高原では、ザゼンソウが開花をして春を告げます。

ザゼンソウとは山の湿地に生えるサトイモ科の多年草です。ミズバショウ(水芭蕉)とおなじサトイモ科の仲間ですが、ミズバショウに比べると自生地が少ないため、県外からも多くの人が鑑賞に訪れます。ハチ北高原では3,000株を超えるザゼンソウが自生しています。

ザゼンソウの中心部の肉厚に膨らんだヤングコーンのような黄色い部分全体を肉穂花序(にくすいかじょ)といいます。多数の小花が密集して肉穂花序となっています。
この黄色い肉穂花序を僧侶に見立て、僧侶が”座禅”を組む姿に似ていることがザゼンソウの由来です。達磨草(ダルマソウ)ともよばれます。なお、頭巾形の暗紫褐色部分は仏炎包(ぶつえんほう)とよばれ、花を守るために葉が変化したもので、サトイモ科の植物で多くみられます。”仏炎包”は仏像の光背の炎形に似ていることが名前の由来です。

ザゼンソウは肉穂花序が自ら発熱して寒い中でも雪を溶かして咲くため、春の花でも比較的早く咲きます。年度によっては雪の中に咲き誇る姿を見ることができます。

なお、ザゼンソウは早春の虫のいない時期に虫をおびきよせて受粉させるために、開花時に発熱して強い香りを放ちます。そのため英名ではスカンクキャベツとよばれています。スカンクキャベツは児童文学「エルマーとりゅう」の竜(ドラゴン)の好物とされていますが、キャベツではなく、このザゼンソウを指しているそうです。

ハチ北高原のザゼンソウは近年小さな株が目立ち、色も鮮やかでないものが多くなってきているため、周囲の住民があきらめずに保護活動をしています。

開花時期(見頃):3月中旬~4月中旬(例年)

※気候により、開花時期は変動します。
※写真はイメージです。


【お問合せ】
・ハチ北高原 ザゼンソウ群生地
  〒667-1344
  兵庫県美方郡香美町村岡区大笹
  TEL:0796-96-0732(ハチ北観光協会) 
 ハチ北観光協会公式ホームページはこちら

※ご自身で事前に最新の情報をご確認ください。


■但馬 香美町 主な周辺観光スポット
ハチ北みずばしょうの里(香美町/但馬)…当館より車約40分
たじま高原植物園(香美町/但馬)…当館より車約45分
猿尾滝(香美町/但馬)…当館より車約30分


■兵庫県/山陰湯村温泉湧泉の宿ゆあむ公式ホームページ
プラン一覧
空室カレンダー
TOPに戻る


■兵庫県/山陰湯村温泉湧泉の宿ゆあむ公式SNS
Twitter
Facebook
Instagram(はじめました!)

GOOGLEMAP

  • 湯村温泉で友人と楽しむ 女性に嬉しいこだわり

  • ゆあむ名物「せいろ蒸し」 こだわりの朝ごはん

  • お子様と一緒に家族旅行

  • ご家族・ご親戚でのお祝いの席に「グループ旅行」 ケーキ手配も可能です。

閉じる

兵庫の隠れ宿 湯村温泉

湧泉の宿 ゆあむ