兵庫県山陰湯村温泉 湧泉の宿ゆあむ | 周辺観光

田君川のバイカモ(梅花藻)

自然散策
当館より車15分

田君川のバイカモ(梅花藻)

  • 田君川のバイカモ(梅花藻)
  • 田君川のバイカモ(梅花藻)
  • 田君川のバイカモ(梅花藻)

新温泉町の田君川には5月~7月にかけて白く清らかな花をつけるバイカモ(梅花藻)が水面いっぱいに咲き誇ります。

バイカモはキンポウゲ科の水中生の多年草で、「梅花藻(バイカモ)」の名のとおり、梅の花に似た直径1~2cmの白い花を咲かせます。水温15度以下の、きれいな水のところにしか自生しないので、清流の目安とされています。
 

なかでも田君川のように、海岸から約4kmほどしか離れておらず、標高も十数mという平坦部に、これほどの大群落が見られるのは珍しいです。


かつて但馬では、ここの他にもバイカモ群落が各所で見られ「カワノボリ」と呼んで食用にしているところもありましたが、その数は少なくなり全国的に絶滅の危機にひんしています。 

愛らしい花を一目見ようと、夏にかけて多くの人が訪れます。


【田君川バイカモ公園】
住所 兵庫県美方郡新温泉町栃谷
TEL 0796-82-4580 (浜坂観光協会)
時期 5月~7月上旬
※気候により見ごろ時期は前後します(5月~6月が目安)

参考URL  ⇒新温泉町HP「バイカモ公園」
       

お電話でのご予約・お問い合わせはこちら[0796-92-1101]

宿泊プラン一覧

  • 会員登録のご案内
  • お茶へのこだわり
  • お子様歓迎!ベビー用品完備
  • 周辺観光地
  • 友人と楽しむ
  • 自然・旧跡を楽しむ
  • 鳥取方面を楽しむ
  • 天気予報
  • アクセス
  • よくあるご質問
  • Facebook
  • Twitter